PERSON 人を知る

同期との共同作業で、
社会人としての成長を実感

  • 技術職
  • 小林 享生

- 入社を決めた理由は?

面接のときにひとりの人間として私を見てくれたと感じられたところです。

私は社員をただ労働力としてしか見ていないような会社には入りたくなかったので、自分のことを人間として見てくれているかどうかを吟味していました。そして、自分が働きやすい環境があることも重視していました。印象に残っているのは、面接で志望理由を聞かれなかったことです。あとから聞いたらたまたまだったそうですが、就活をはじめる前から志望理由を面接で質問されることに疑問をもっていたので、素直に感激しました。面接では自分の人となりを知ろうとしてくださる質問や対話が多く、私のことを親身に見てくれているように感じ、自分に合っている会社かもしれないと思ったので、入社を決めました。
実際に入社してからも、先輩との面談を定期的に行う制度があり、話を聞いてもらえる環境があるので、いいと思います。

- 入社1年目の仕事の内容は?

新規APIの開発で、いわゆるコーディングです。
※API=「アプリケーションプログラミングインターフェース」

もともとプログラミングに興味があり、情報系の大学を修了しているので、技術職を志望していました。私が入社したときは入社半年後に、正式に開発系の部署に配属されました。1年目で担当していたことは、既存のAPIの改修、新規APIの開発で、いわゆるコーディングと呼ばれるものです。
1つのプロジェクトやチームに属して開発するフローを学べるとても良い機会でした。
ひとり立ちして業務を担当するようになったのは、ちょうど入社1年後でした。

- 現在の仕事の内容は?

バックエンドエンジニアとしてキャリアを積んでいる途中です。

バックエンドエンジニアのチームに属しています。ECサイトを作るうえで、ブラウザから見える部分を開発しているのがフロントエンドと言われるチームで、後ろ側のデータ部分の開発をしているのがバックエンドチームです。配属された時からずっとこの部署です。現在もAPIの改修、開発をしていますが、それに加えて、APIのシステムを支えるサーバの運用・保守や、データベースの管理もしています。できることや、任されることが少しずつ増えてきているなと実感しているところです。

- 自身の成長につながった出来事や、思い出深いシーンがあればお教えください。

同期との共同作業で、自分の短所に気づかされ、成長につながりました。

入社1年目に、新入社員だけで社内報の作成を任せてもらうことがありました。コミュニケーションの活性化を目的としたもので、自分たちで企画を立てるところから担当することになりました。
同期という、初めて対等な立場の人と仕事をすることで、対等であるがゆえにぶつかり合うこともあり、今までの自分のコミュニケーションの取り方を考えさせられました。もともと自分の考えを積極的に外に出すことはしないタイプでしたが、気づいてからは、自分の考えをメンバーと共有するように心がけました。改善することができたのではないかと思っています。あくまで自己評価ですが(笑)

- どのような時に仕事に強くやりがいを感じますか?

ユーザーの反響を知る時です。

これはBtoCの強みかと思いますが、やはり自分の関わったシステムがリリースされて、お客様の手元に本当に届いているという感覚があるのはとてもいいです。自分が担当したシステムが増えてきたので、エゴサーチすることもあります。
逆にシステム障害が起きるとダイレクトにお客様に影響が出てしまうのは怖いところですが……。

OTHER MEMBERS 他のメンバーを見る

開こう、未来の扉
TURN THE PAGE TO A NEW FUTURE
2021年度新卒採用は終了しました
中途エントリーはこちらから