PERSON 人を知る

大好きなBL作品に注力して
「電子コミック国内取扱高No.1」を目指す! ※BL作品=「ボーイズラブ作品」

  • 事業職
  • 船川 結菜

- 現在の仕事の内容は?

オリジナルコミックレーベル「BLfranc」の編集&営業です。

編集では、現在5人の作家を担当しています。どんな作品にするのか?といった企画の立ち上げから、スケジュール管理や校正、時にはより良い作品にするために作家にリテイクを出させてもらうこともあります。
営業では、自社サービスはもちろん、電子書籍を扱う他社サービスに、売り伸ばしのための施策実施の調整をお願いしたり、毎日何冊も新しい作品が出る中で、取次店に作品のプレゼンをしたりして、より多くのBLfranc作品を他社サービスの目立つ位置に置いてもらえるように交渉しています。

- どのような時に仕事に強くやりがいを感じますか?

売り上げに貢献できた時は「よし!」と気合いが入ります!

この作品をこういう切り口で紹介したら、売り上げが上がるのでは?と試行錯誤して、実際イメージしたように動いていく時はやりがいを感じます。作品がSNSで盛り上がっているのを見るのはうれしいですね。さらに売り上げに貢献できたときは「よし!」と気合いが入ります。
また、入社する前からBLが好きだったので、編集担当として一番初めに作品が見られるのは至福の時間です。

- 「電子コミック国内取扱高No.1」の実現に向け、自分の仕事を通じて貢献できることについて教えてください。

BLはまだまだ伸びるジャンルだと思っているので、より一層力を入れていきたいです。

これまで自社サービスのメインユーザーは男性だったので、そこでBL作品を売ることはなかなか難しい状況でした。しかし2019年4月からヤフーブックストアの利用者も加わったことで女性ユーザーが増えて男女比が変わりました。そのため、ebookjapanの中でBLはまだまだ売上を伸ばすことが可能だと思っているので、より一層力を入れていきたいです。

- 仕事をする上で大切にしている価値観は何ですか?

作家あっての私たち、作家への敬意はより強くなりました。

私たちは本屋なので、漫画を描いてくださる方がいないと何も売れません。作家がいなければ、まず始まらないということを常に忘れないようにしています。編集担当として作家と直接かかわるようになって、無から有を生み出すことは相当な精神力と体力が必要と気づきました。まさに命を削って作品に向き合う姿を見て、作家への敬意はより強くなりました。

- 会社の良いと思う点は?

個人の生き方に干渉しない、自由な社風です。

社風はとにかく自由です。服装から考え方まで。もちろん人によって見えてくる部分は異なるとは思いますが、好きな服を着て(もちろん、必要によってはスーツを着ることもありますが……)好きな髪の色で、個人の生き方をとやかく言われず過ごせること、働く前は意識していなかったですが、すごく重要だと思います。

OTHER MEMBERS 他のメンバーを見る

開こう、未来の扉
TURN THE PAGE TO A NEW FUTURE
新卒エントリーはこちらから
中途エントリーはこちらから