OFFICE ENVIRONMENT オフィス環境

eBOOK Initiative Japanでは、スタッフが快適に働く環境を用意しています。
ここではユニークなオフィスの一部をご紹介します。

ENTRANCE エントランス

受付

ebookjapanのロゴを配した、スタイリッシュな受付です。
白い壁は本の1ページ目をめくっているようなイメージで、端が少しだけカーブしています。こっそり遊び心を取り入れた、エンタメコンテンツを扱う当社ならではのこだわりです。

CONFERENCE ROOM 来客用会議室

当社の会議室は、「KAKEAMI(カケアミ)」や「NAME(ネーム)」というように、
漫画に関する用語が会議室名となっており、遊び心を取り入れた仕様になっています。

KOURYOU(校了)

校正が完了し、印刷をしても差し支えない状態になること。
技法ではないため会議室内に特別なデザインはありませんが、エントランス側から見ると他の会議室と同様の窓枠(コマ割りデザイン)があります。

KAKEAMI(カケアミ)

網目を描くようにして色の濃淡を付ける技法です。
スクリーントーンとはまた違う独特の味が出るためカケアミを好んで使う作家さんもいるそう。
カーペットの柄に、カケアミ技法に似たものを採用しています。

MADO(マド)

絵やトーンの中の一部分にスペースを作ることです。
会議室ドアの窓枠が、実際のマンガ本と同じサイズになっています。また、本を横から見た際のページを木目で表現しています。

NAME(ネーム)

マンガの設計図になるもの。どういう絵を入れるか、コマ割りをどうするか、吹き出しの形は何にするか、といった構成を下書きしたものです。
大きな窓から見える皇居の木々は四季折々の風景を感じることができます。

JUHAN(重版)

同じ版で増刷することです。専門用語と言っても、初版の売上が良く「重版決定!」というポップなどを書店で見かけることもあり、メジャーな言葉です。
NAMEと同じく、こちらも解放感のある会議室です。

OFFICE SPACE 執務スペース

フリーアドレスの自由な空間

一部固定席を除きフリーアドレスです。
窓からは緑が見え、落ち着いた環境で仕事をすることができます。

開放的なソファ席や作業集中ブース

社員はその日の業務内容やスケジュールに合わせ、好きな場所で仕事をすることができます。

大型本棚

4面が囲われた大型本棚です。
書籍やマンガを扱う当社の顔ともなる場所に大型の本棚を設置しています。

開こう、未来の扉
TURN THE PAGE TO A NEW FUTURE
2022年度新卒採用は終了しました
中途エントリーはこちらから