MESSAGE 代表メッセージ

ワクワクする電子書籍市場で、
変化を起こして楽しみたい

  • 代表取締役社長
  • 高橋 将峰

変化を楽しむ企業文化が本領を発揮した
2020年度

10月から完全リモートワーク、コアタイムの廃止を導入して、働き方が大きく変化しました。
もともと、私が社長に就任した2019年4月から働き方を変えていこうと、オフィスのフリーアドレス化、リモートワークを月2回実施という取り組みを進め、一人一台ノートパソコンの貸与、在宅勤務時におけるセキュリティ対策といった環境も作っていました。そのため、コロナ禍によって在宅勤務へシフトする際も、大きな課題は生じませんでした。

完全リモートワークになった結果、成果は落ちずに、逆にパフォーマンスが良くなっている。当社のバリューでもある「変化を楽しむ」社員の姿勢が顕著に出た良い事例だと思っています。

社員の安全を最優先、
迅速に完全リモート化を決断

リモート化に取り組む中で、オンラインもオフラインもバランスよく両方やっていたら、どちらも良いものにはならないと思い、完全リモートワーク化に振り切りました。これは、私のトップダウンで決めました。

当社は知的財産があって成立している会社ではなく、社員が作ったものをサービスとして提供している会社です。なによりも大切しているのが、社員であり社員の安全です。
この想いを理解してもらい、完全リモートワークで業務がやりにくくなった社員もいると思いますが、そこに対して不平不満を言うよりも、どうやったらよくなるかと建設的な話し合いを進めることができました。

すべての社員には
1.自分の安全を第一に考えて行動してください
2.せっかくなのでリモートワークにチャレンジしよう
と伝えたところ、しっかり成果を出してくれたのは嬉しいですね。

働き方の多様性も取り入れ、多様な人材を活かす

今後の働き方としては、リモートワークを前提にしているので、色々な課題をクリアしつつ、当社はIT企業なので世界的にどこにいても働ける環境にしていきたいと思っています。その方が人材も集まるし、みんながそれぞれインプットすることが違ってくるので、新たなシナジーが生まれる。
また、リモートワークになった今こそ、副業も視野にいれた働き方を考えてもらいたいですね。

通勤時間に2時間使っていた方はその時間が空きますよね。1週間で5日間働くと10時間、約1日分の時間を自由に使えることになるので、副業しながらインプットし、それを本業にアウトプットしてほしいですね。

戦略の中心はシナジー、“あなた”にアプローチ

コロナ禍によって、出版業界のシフトが電子書籍に加速しました。読書する時間も増えて、市場ニーズの高まった中で、ユーザーが当社を利用する強みは、ヤフーグループであること。

シナジーを戦略の中心とし、ソフトバンク、ヤフー、PayPayと連携を図りました。電子書籍を使ったことのない方に使ってもらうまでが、一番高いハードルとなります。ブラっとヤフーニュースを見ている方に無料の1巻を誘導する、PayPayのポイントが余っているので「これでマンガを買ってみようか」と。電子書籍を知るきっかけのチャネルがたくさんあることがとても大事だし、この機会にもそれが大きなメリットになりました。

ソフトバンク及びヤフーのユーザーデータを利用し、不特定多数にメッセージを送るのではなく「“あなたに”おススメです」、「“あなたは”今日安くなります」と、自分事にしてくれるようなアプローチをすることができました。

世界一を取るために、日本一になる

企業ビジョンとして「電子コミック国内取扱高No.1」と掲げていますが、2021年も引き続き変わりはありません。
ただ、2020年は私が思っている以上に電子書籍市場が拡大して、目標の進捗で言えば、競合他社と比べても高い成長率をあらゆる点で出すことができて順調に進んでいます。

コミックに限定すると日本の電子書籍市場は世界最大規模なので、世界一を取るためにも、まず日本でナンバーワンになることを目指していきます。

求めるのは“変化”を一緒に志せる人材

2020年の電子書籍事業を振り返ると、改めてまだまだ大きく成長する市場であり、伸びしろがあって、どうなっていくか分からないワクワクする市場だと思っています。

その市場においての「ebookjapan」のポジションは大きく変化しています。変化を一緒に楽しんで、さらに変化を起こしていく気概のある方とぜひ一緒に楽しく、一生懸命働きたいと思っているので、“変化”を一緒に志せる方が応募してきてくれれば、そんなに嬉しいことはないですね。

開こう、未来の扉
TURN THE PAGE TO A NEW FUTURE
2022年度新卒採用は終了しました
中途エントリーはこちらから