MESSAGE 代表メッセージ

電子書籍はこれからどのように進化していくか。
それは、僕らが創っていく未来です。

  • 代表取締役社長
  • 高橋 将峰

事業統合という変化を楽しむ企業文化へ

2019年4月から、Yahoo!ブックストアとebookjapanが一緒になり、新たな「ebookjapan」となって1つのサービスとしてスタートしました。
ロゴも一新、本社も移転してオフィスのフリーアドレス化を図るなど、大きな変化を遂げています。変化をすることに難しさは伴いますが、「変化をしないと退化する」を基本理念に、「ワンプロダクト・ワンチーム」をモットーとした“自ら変化を生み出すチーム”をつくりたいと考えています。
私は、「仕事は楽しく」をメッセージに掲げています。それは、仕事を“楽しむ”のであって、“楽”をすることではない。一生懸命に仕事をして、ユーザーから「いいね」と言われた時に、楽しかったと言えること。仕事を楽しみ、未来を創っていく、そして成果にしっかりと向き合う、そうした企業文化にしたいです。

ナンバーワンを目指す!

今後の目標としては、敢えて「10年後」を考えていません。その前に、「電子書籍で、業界ナンバーワンになる」を企業ビジョンに掲げています。周辺事業やオリジナル作品の制作、さらに発展させた海外展開などは、長期戦略としてはありますが、それを語るにはまだ早い。まずナンバーワンになること。
その実現に向け取り組むべきことは、ユーザーの満足度を向上し続けることに尽きます。当社の特徴として「作品の探しやすさ」「買いやすさ」「ITを活かした購入の後押し」と3つありますが、これらをより充実させていくこと。加えて、ユーザーボイスの大きい部分のみならず、老若男女あらゆるユーザーの声を聞き、総体としての満足度を上げることに努めています。新会社の強みを発揮するのはここで、多大なユーザー数を持つ、ソフトバンク及びヤフーのユーザーデータを利用し、徹底的に分析できることは、当社オリジナルの強みに他なりません。

ハイパフォーマンスを発揮する人財を、最高な形で支援する

これから、電子書籍がどのように進化していくかは、僕らが創っていく未来だと思っています。新しい未来を、新しい変化を生み出せる方には、特に楽しみながら働ける環境を用意しています。
思い切り、必要となるデータや、オフィス機能を使い倒してください。自由な発想で仕事に取り組めば、無限に活躍できる会社だと思います。

今後、通信が5Gになる時、世界は一変するでしょう。電子書籍の市場規模は2020年に3000億円を突破します。その中で、ただ電子書籍を売るだけではなく、ソリューションを提供する会社に舵を切っていきます。
そこで当社は、ハイパフォーマンスを発揮してくれる人財に基準を合わせて、さまざまな自由と権限を与えています。その反面、自由が大きいことは責任も大きいということ。「自由と責任」そして自主性を忘れないでください。
ユーザーの満足度を高めるために、どれだけ仕事を自分事化して取り組めるか。その進化と変化を楽しめるという方を、最高に応援したいと考えています。

開こう、未来の扉
TURN THE PAGE TO A NEW FUTURE
2020年度新卒採用は終了しました
中途エントリーはこちらから